理系苦手ママのSTEM教育

こんにちは!


3歳の息子のバイリンガル教育をしつつ、

バイリンガル育児アドバイザーや
英語スクールの運営をしているチサぽんです!

 

21世紀型の新しい教育モデル


皆さん、STEM(ステム)教育って聞いたことがありますか??
STEM(ステム)とは

STEMとは、

S:Science・・・科学

T:Technology・・・技術

E:Engineering・・・工学

M:Mathematics・・・数学

それぞれの頭文字をとった言葉です

その名の通り、STEM(ステム)教育とは

科学、技術、工学、数学の教育に力を注ぎ、IT社会とグローバル社会にて活躍できる
人材を育成する事を目標に、2000代にアメリカで始まった教育モデルです。

今各国にてSTEM教育は広がりを見せていて、
日本でも文部科学省がSTEM教育を進める方向に動いていて

・小学校でのプログラミングの必修化
・スーパーサイエンススクールの設置

などが取り組みとして行われています。

 

STEM教育の特徴

 

ざっくりと言って2つです。

①横断性

STEM(ステム)教育では科学、技術、工学、数学を個々に学ぶのではなくて、
横断的に学びます。

というのも各分野は独立しているわけではなく、密接に関係しているからです。

②実践重視

STEM教育では、従来の一方的な授業ではなく実践力を重視します。
そうすることで子どもが能動的に学ぶ体験型・創造型の教育を行い

自発的・創造的に学び、自ら表現して問題を解決してゆく能力

を高めてゆくことを目指します。

 

チサぽんも取り入れよう!

 

子供って不思議な現象を見たときに目が輝くよね!!!

昔ギリシャの哲学者だったかな?だれか忘れたけど偉くて頭が良いおじさんが

「驚愕は記憶の種」

って言っていたような気がします。多分 笑

たしかに、何かに感心したり興味をひかれたことは人はすんなり記憶できますよね!


なので、子供の記憶を促進するために、
STEM分野の面白い現象で子供たちを楽しませたい!!!

あと、英語でSTEMやってたら理系知識と語学の両方が学べて効率よくない!?
これからは ”英語学ぶ” のではなく、”英語学ぶ” 時代なので!

という事で

チサぽんの英語スクールのアクティビティーにも
できる範囲でSTEMを取り入れて行こう!!!!

と、この春に決意しました!

というのも、チサぽん人文系の知識はそこそこあるけど、
学校の理系科目はめちゃくちゃ得意って訳ではないので、
子供たちと一緒に勉強したいな、という裏の狙いもあったりします!

 

活性炭とアルミホイルで発電させて豆電球をつけたい!
とか、磁石の反発の実験したい!!

とか思って、とりあえず↓みたいなものを買いました!

スライム作ってその中に砂鉄混ぜて磁石で動かしてみる実験をしたいな、、、とも思ったけど
スライムの原料のホウ砂は毒性があるので万が一のために控えて欲しいと旦那に言われました。

教室が異臭で充満

 

先週の小学低学年のレッスンでは、生物科学ってことで
魚の生態を観察しました!

その日の朝、息子を8時半に幼稚園に送って行って、
10時から大人のレッスンがあるので、
その合間に24時間スーパーに急いで食材の買出しに行ったのですが、
ちょうどそこそこ大きい35センチくらいの真鯛(天然)があったので

「夕方のレッスンでこれ捌いたら、子供たち喜ぶかなー」

と思って買っちゃいました。

実はその日のレッスンは別のことをアクティビティーでやる予定だったのですが、
子供たちのうちの1人が生物が好きだと聞いていたので、

こんな良い鯛があるタイミングを逃してはいけない!!

と思ってその日は鯛を観察する日にしました。

あ、ちなみに、このブログをお読みのお母さま、
お子さんの習い事の先生にはお子さんが何が好きで興味があるのか
自然なタイミングで、ちょいちょい情報としてお伝えしておいたら良いかもですね!

たとえ大手スクールでガチガチにプログラムが決まっていたとしても、
ちょっとそれっぽいエッセンスを加えてくれる【かも】知れないので。

さらには、私のように手作りで教材を作っているスクールからしたら
教材作成のネタになるのでとてもありがたいのですよ!!!

鯛の体の部位を英語で学んで、
こんなプリントを作り本日の作業工程も英語で学びました。

子供たちも、、、臭い!!気持ち悪い!!!と言いつつも笑顔で

ウロコめっちゃ多い!
ウロコ取ったらスベスベ!
エラがギザギザなんだけど!
歯めっちゃ怖い!

などと言いながら観察してくれました!
(ウロコ取ったらスベスベとかの表現も英語で復習します!)

私は実はABCクッキングスタジオで一時期、料理の講師としてパートをしていたのですが、
もともと料理が好きになったきっかけが、鯛を捌いたのが楽しかった、って事だったのです!

そんな思い出の鯛。

子供たちと一緒にその鯛遊びができて嬉しかったです!

でも、教室が魚の異臭で充満してしまいました。。夏場の魚解体は要注意ですね。

 

レッスン終わって25分でご飯

 


ここからはチサぽんの日常の話。
日によって大体違うのですが、

一日の最終レッスンが終わるのが大体
16時15分とか17時20分ね。

その間息子に幼稚園で居残りをさせているので
できるだけ早く迎えに行ってあげたいのですが
帰ってきてすぐにご飯にしないと、
食欲旺盛な息子は大荒れして、夕飯づくりどころではなくなるので。。

 

大体レッスン終わってから25分以内に家族全員の夕飯を作り終えて
息子を迎えに行きます!!!25分以内、というのを自分の中でいつもノルマにしています!

この手際はABCクッキングスタジオの講師時代に培われました。

労働環境かなりキツくて文字通り涙した事もあったけど(爆!)
後々こうやって楽ができているので講師をやってて良かったと心から思います。

そして、、先週は子供たちと鱗も内臓もエラもとったので
それを調味料と生姜を一緒にしてホットクックにぶち込むだけでメインのおかずができて、
わりかし、いつもより早く息子を迎えに行くことができました 笑

子供たち、ありがとうね!!!

旦那が魚の煮つけが大好物なので、喜んで「ありがとう」って食べながら言ってたけど、
「私にありがとう、じゃなくて生徒にありがとうと言ってね」

と言った 笑

 

理系苦手ママでもSTEM教育をおうちで実践!

スクールでもSTEM教育やりたいけど、自分の息子にもSTEM教育をしたいなと思っています。

STEM教育って言うとちょっと仰々しい感じで難しそうなイメージだけど、

普通の主婦なら毎日STEMやってるんじゃないかな、、、と思いました。

厳密には、STEMのE、つまりエンジニアリングはやっていないけど、少なくとも
STMは毎日のとある行為の中でやっていると思います。

それは、、、

料理!

料理って物理や科学の集結だと思います!

フライパンを熱するのは熱伝導、
目玉焼きは、たんぱく質の凝固
圧力なべは、ボイル・シャルルの法則
コーヒーは抽出
電子レンジは電磁波
スープ料理は浸透圧
調味料の計量は数学
包丁砥ぎと、トマトを上手に切るのは技術

などなど。

あ!あと、どんな料理を作ろうか?盛り付けはどうしようか?
を考えることはエンジニアリング(工学)の初めの一歩と言えるかも。

だから料理でSTEMはコンプリートかも!

私も理系の知識はないのですが「なんでそうなるの?」
という視点を意識して、余裕のある土日とかで息子と一緒に料理することで、
お手軽手作りのSTEM教育ができるかな?

なんて思っています!

ちなみに、この写真にある活性炭を買ってそこら辺のテーブルに置いておいたら、
見慣れないものなので息子が、わざわざ抱えて持ってきて

「ママ、これなーに??」

と聞いてきました。

なので1つ封を開けて水の中に入れて、

「これは炭、って言ってね、、これを入れると水が奇麗になるんだよ」

と3歳児用の説明をしました。

まず、興味を持ってくれたっていう事が嬉しいですね!

そうゆう小さい事を積み重ねて親子共に勉強してゆきたい次第です!

というか、普通の水に入れるんじゃなくて、

A 活性炭と醤油入れた水
B 何も入れない醤油水

の2つの対比でやった方が良かったよね。
まず、そうゆう見せ方についても私は要勉強ですね。

まとめ

STEM教育はこれからのグローバル化とIT化を生きる子供たちに必須の
教育です。

私の教室でも、英語のカリキュラムに沿った形でSTEMできそうなことがあれば、取り入れて行きたいです!
 ”英語学ぶ” のではなく、”英語学ぶ” のがこれからの時代!

料理はSTEM!何やったら良いか分からないときはとりあえず料理をしたいね!

それでは皆さん、最後まで読んで下さってありがとうございます!
「我が家はこんなSTEMしたよーー!!」っていう人、ぜひLINEで教えてくださいね!
全員に返信できないかもしれませんが必ず読ませて頂いています!

 

関連記事のご紹介

 

2年前に取った動画です!テクノロージーに関する話。STEM興味ある方は是非見てね!
自分の過去の失敗をさらけ出しています!!!
今見返してもとっても良い話をしていると自分では思うので見てね!

あと、私の親友の数学の天才の話。数学教育の話。