東広島ストーリー③市長へ署名提出のご報告

署名活動へのご協力、みなさまありがとうございました。

みなさまのご協力により、集まった署名

直筆:2320筆
ネット署名:201筆
合計:2521筆

を2020年2 月26日に高垣広徳市長に手渡して来ました。

 

 

署名と合わせて、ブランコで利用されている方々に書いて頂いたパネルも渡すことができました。

 

 

市長からは

「ブランコの利用のニーズが今回明らかになったので、今後市民のみなさんの意見を聞きながら考えていきたい」

と言った旨の言葉を頂きました。

ブランコの存続が約束された訳ではありませんが、

「ブランコは必要なんだ」と言う事は伝えられたと思っております。

今後は、市の動きをしっかり見守っていけたらと思います。

この度の活動への、ご協力本当にありがとうございました。

 

また、中国新聞社様、プレスネット様、広島ホームテレビ様に取材に来て頂きました。

(取材を受ける高垣広徳市長)

 

中国新聞社様には、早速翌日(2月27日)の朝刊で記事にして頂きました。

 

 

他のメディア様についても、取り上げて頂ける日時等が分かりましたら、
こちらでご報告させていただきますので、ご覧頂けると嬉しいです。

現在確定しているメディアでの発表は
広島ホームテレビの、【みみよりライブ5up!】の3月17日の放送です。

 


特別なニュースが入ってしまったりした場合、放送予定が変更になることもあるそうですが、


予定としては
3月17日の18時45~18時54くらいまでの間で5分ほどだそうです。

そして、今回皆様の署名を市長に届けられるまでの足掛かりを作って下さった

牛尾市議会議員(令和会)が、


市議会の代表質問の中で、公共施設の適正管理、生涯学習センターの跡地利用に絡めて、
ブランコの存続を求める声についても質問に入れてくださいます。

 

議会は3月3日10時からです。市役所9階の本会議場で傍聴できます。
傍聴はだれでもできます。
傍聴を希望される方は、当日、市役所本館9階の議会事務局で受付手続きをしてください。
詳しいことはこちらのサイトを参照→傍聴のしかた。

 

【市議会の質問内容 ↓ 】参照:https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/shgikai/5/2/22735.html

 

それでは皆様引き続き本件につきまして、
引き続きご関心をお寄せいただきますようお願いいたします。

 

次回の投稿ではこの署名活動を切っ掛けとして私どもが得た成果を
具体的に書きました→記事を読む

東広島子育て支援関連記事

事の始まり:エピソードゼロ

2020年2月7日 市との面談での質疑応答

2020年2月26日 東広島市長に署名提出そしてメディア掲載(本記事)

2020年3月3日 市議会にて

2020年3月5日こども未来部との意見交換

2020年3月17日夕方の報道番組で取り上げられました、そして市からの返答