イノシシ年は英語で何と言うの?ゾウ年って言うのがある!?

 

 

 

あけましておめでとうございます!

今年一年が皆さんにとっても実りの多い年でありますように☆

今年は亥年ですね。イノシシ年。

 

みなさんイノシシ年は英語で何というか・・・・もうすでに考えられましたか??

 

バイリンガル育児の第一歩の習慣は、

 

「これって英語では何というのかな?」

 

って親子で考えることをコミュニケーションの一つとする事です!

 

それでは行っていましょう!

 

まず、「~年」は

 

the year of the 〇〇

 

と言います。○○のところに干支が入ります。

 

干支のイノシシは英語では・・・・

 

Pig

 

と言います!

 

えええ!!!!豚じゃん!!!!

 

って思った方いらっしゃいますよね!

 

 

そうです!豚なのです!

 

なので、イノシシ年は

 

 

The year of the pig!

 

 

十二支ってもともと中国が発祥で、

 

中華文化が世界に拡散されたり、

 

中華系の民族が世界に移住したことにより

 

世界でも知られるようになったのですが、

 

その元々の中国での十二支の最後が豚なので

 

世界的にもPIGなのが一般的なのです。

 


むしろ、普通に考えて、日本でイノシシ年として定着したことのほうが不思議なのです。

 

また面白い事に、干支は世界どこも大体同じなのですが、

 


地域によって別の動物になったりもしているのです。

 

例えばPig年ひとつとっても・・・

 

日本と同じく、チベットの一部の地域ではイノシシ年。

 

中国やラオス、ミャンマーあたりに少数民族として居住しているタイ族の間では、ゾウ年。

 

そしてネパールのとある山岳民族の間では、鹿年になっていたりしています。

 

その他にもウサギ年がネコ年になる地域や、

 

寅年がライオン年になったり!

 

本当に色々あって面白いです。

 

 

このように、日本の文化について、

 

「英語でなんと言うの?」

 

を調べているうちに、

 

ついでに世界の文化にも触れてしまっている事も時々あったりして、知識が増えますし興味も広がります

 

興味を広げるって、バイリンガル育児でとっても大切です。

 

なぜなら広い興味こそが英語学習の原動力になるからです。

 

ぜひぜひ親子で「英語でなんて言うの?」を一緒に調べながら色々会話を楽しんでくださいね。

 

ちなみに、ママが知らない事でも、「ママもよくわからないから一緒に確認しよう!」

 

っていうスタンスで世界地図や図鑑を参照しながらで全然オッケーです。

 

お子様からの鋭い質問や疑問を怖がらず、面倒くさがらず楽しんでくださいね。

 

 

いきなりですが、ひとつなぞなぞ。


昨日、知佐ぽんは赤ワインビネガーで

 

とある物を炒めて料理を作りました。


さて、何を炒めたでしょうか?

 

答え、、、、

 

 

豚肉

 

赤ワインビネガーつまり、酢ワイン・・・・スワイン・・・・swine!

 

Swine も「豚」って意味!

 

豚って色んな呼び方があるのですよ。その他にもhogとか。

 

それではみなさんじゃーね!

 

Hope you guys have a great Pig year!

皆さんにとってイノシシ年が良い年でありますように!